英一さんの釣り日記

45アップはどこに行った~
今日は休暇。のんびり釣行。朝一、バスをさわるためジャークベイトから、直ぐに2本。今日もバスの状態は、良さそう。さて、表水温は7.2℃ちょっと温かいです。季節の進行を確認、確認と広めにサーチ。残念ながら、40後半は釣れませんでした。岸からのファーストブレイクの下段ボトムは30cm代がヒット。ブレイク中層で40前半がヒットしてきました(写真1)。ギルバイトは、ブレイク際が多かった。釣れているバスは、ベイトフィッシュをたらふく食べているようで、栄養状態良好(写真2)。釣れている感じから、バスはまだ動き回っている…かも。つまり、ポイントの絞り込みはあっている?アプローチが悪い?などと考えながら、今週末から鉄板の投入を検討してみます。あ、カワセミ発見(写真3)!遠すぎ~。見えるかな~。
2018年12月18日17:43  (全員に公開)

コメント

マイケル教祖
1:マイケル教祖さん

今日もナイスバスゲットしまくりですね^^
カワセミ写真に撮るの難しいですよね・・・・
デジイチ持って写しに行こうかとおもうのですが、なかなか止まってくれないし被写体小さいし・・・
きっちり写そうと思えば重装備の1日仕事?に成っちゃいそう^^

2018年12月18日22:01
ドクトル・ヒゲー
2:ドクトル・ヒゲーさん

安定の釣果ですね♪
ジャークベイトってほとんど使ってないんですが、定番なんですか??

2018年12月19日07:10
英一
3:英一さん

>>1 マイケル教祖さん
そうですね。もうちょっと、近づこうとしたら、逃げられました。
鮮やかなブルーが2羽飛び回っていました。

2018年12月19日18:25
英一
4:英一さん

>>2 ドクトル・ヒゲーさん
ジャークベイトは、低水温期に選択されるルアーの一つです。
ルアーのサイズ、カラー、浮力調整(フック、スプリットリング、鉛の添付など)、
ジャーク幅及び強さをコントロールする必要があります。
なので、一見同じメーカーのルアーを使っている場合でも、
釣果が大きく異なったりする事がありました(経験より)。
ジャークベイトに限らず、特徴を生かした釣り方をされると、
釣果倍増または、ビックフィッシュのみ、
なんてこと、あるかもしれませんよ。
楽しみは広がります。

2018年12月19日18:40

コメントを書く

コメントを書くには、ログインが必要です。
 ログイン